催物運営上の注意

6.会場装飾作業
   設営及び装飾全般に伴う各種の業務は、原則として当ホールがお受けいたします。

(1)展示物装飾物について
1)装飾材料
装飾材料は、不燃性、準不燃性、難燃性のものを使用してください。特に、カーペット・カーテン・布製装飾物・展示用ベニヤ板等は、防炎処理を施したもの(防炎物品)を使用してください。
2)会場避難通路の確保
  会場内には以下の主要避難通路を設けてください。幅員は原則として1.6m以上確保してください。
(a) ホワイエ側と備品倉庫側の非常口を直線でつなぎ展示スペースを横断する主要避難通路を2本確保してください。
(b) 各非常口をつなげたループ状の主要避難通路
(c) 展示スペース内を横断し、(a)(b)とつなげた主要避難通路(2本)その他の通路幅も1.2m以上確保してください。又、避難通路や非常口には、避難の支障となる設備や物を設置することはできません。
3)防災設備周辺の設営・装飾
  備助散水栓、消火器、火災報知器、誘導標識、排煙スイッチ等、防災設備周辺及び点検口付近は、展示物・装飾物で隠蔽しないでください。消火栓の前、及び左右2mは隠蔽できません。
4)消火器の設置
  消火器は、利用開始日から設置し、歩行距離20mごとに1個を配置し、使用方法等を明示した標識を提示してください。
5)吸込口・吹出口周辺の設営・装飾
  空調関係設備の吸込口・吹出口は、展示物・装飾物で隠蔽しないでください。
6)展示物・装飾物の高さ制限
  装飾物の高さは、原則として床面より4m以下としてください。展示物については高さ制限はありません。但し、高さが床面より7.5m以上になる展示物は、放水障害及び煙感知器の感知障害となるため、設置場所を限定させていただきます。
7)大規模小間
  100m2以上の面積を有する展示小間内では、二方向避難ができるよう避難通路を設けてください。又、小間の一辺15m〜20mごとに、幅員1.2mの避難通路を設けてください。
8)ネオンサイン・スリムラインの使用
  ネオンサイン・スリムラインの使用をご希望の場合は、事前にご相談ください。但し、設備容量2KVA以上のネオン管灯設備は消防署への届出が必要です。
9)高圧、特別電圧の変電設備の使用
  高圧、特別電圧の変電設備の使用が必要な場合は、事前にご相談ください。但し、全出力50KW以上の変電設備は消防署への届出が必要です。
10)スモークマシンの使用
  スモークマシンの使用は、消防署への届出が必要です。
11)天井張り、屋根付き展示物・装飾物の設置
  天井張り、屋根付き展示物・装飾物の設置は、原則として禁止です。但し、展示目的、展示物の種類により、必要と認められる場合はこの限りではありません。又、天井、屋根の設置は放水砲の放水障害及び煙感知器の感知障害となる恐れがありますので、事前に当ホールと打合せを行ってください。場合によっては、簡易防災設備の設置と消防署の許可が必要です。
12)2階建小間
  原則として、禁止です。展示の構成上、必要な場合は当ホールにご相談下さい。
13)展示スペース内での気球等の係留
  展示スペース内での気球等の係留には、消防署の許可が必要です。気球に使用するガスはヘリウム以外は全て禁止します。また、煙感知器の感知障害とならないよう、係留可能な区域を指定させていただきます。設営の際は、他の展示物・装飾物及び施設天井・壁面との距離を十分にとり、監視・管理を徹底してください。
14)吊物設置
  後述の「ユニットフレーム・吊物バトンを利用した展示・装飾」をご参照ください。
15)重量物展示装飾
  後述の「9.昇降床を利用した展示装飾」をご参照ください。

次ページへ>>
(1)展示物装飾物について(2)設営・装飾作業について(3)直接工作の禁止
(4)出展物の実演(5)会場清掃(6)会場警備

BACK

Copyright© 広告通信社 All Rights Reserved.